天才ファミリー・カンパニー  1~6巻(完)


「七つ屋志のぶの宝石匣」の二ノ宮知子先生の
「天才ファミリー・カンパニー スペシャル版」
「のだめカンタービレ」より前の作品です。








      主人公の天才・夏木勝幸は二ノ宮先生お得意の俺様キャラ




 簡単なあらすじ
 高校2年生の勝幸は、証券マンの父を事故で亡くし母・良子との二人暮らし。
母は森崎製菓会社企画開発部部長。そんな母の企画を手伝うほど高校生離れした才能を持つ勝幸の将来の夢はハーバードでMBAを取得して、スーパーエリートとして活躍すること。
 ある日、良子が再婚相手として田中壮介と春(勝幸と同じ高2の男子)の親子を連れてきた。2人は世界各地を放浪してきた超自由人。
勝幸は猛反発するが、春が転入生として勝幸の高校に通うことになる。
さらに二人を慕ってアメリカから少女・アミィと、台湾の謎の老人・林じいが
やってくる。
 そんな中、母が社長交代の際に職を失ってしまう。勝幸は、クラスメートの
永沢京子の父が経営する成宝堂書店で年齢を偽り書店運営に関わることに…


この後の展開は、もう予測不可能。
社長交代劇に絡む陰謀をいろいろな人の力を借りて逆転するところは気分爽快です。
スペシャル版なので全6巻ですが、文庫本だと11巻分を一気読みしちゃいました。
未読の方、お勧めです

おまけ・高校の場面で絡むクラスメートの有吉君が、いいキャラしてて
めちゃくちゃ面白いです



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も読みました。
ただ、ずいぶん前なので、内容をいまいち覚えてなかったです。
なんか、あらすじを読んでたらうっすらと思い出しましたが、機会があったら、もう一度読みなおしたいですね

No title

> 茶太&さくら&げんきママさん

面白いという話は聞いていたんですが、なかなか読む
機会が無かったんです。

スペシャル版が出たのが2003年ですから~かなり前の
作品ですよね。
まだネット通販が珍しい頃の話なので、この頃から
二ノ宮先生は時代の先取りしていたんですね

No title

私もこれは読みました。
のだめは全巻持っているのですが、夫がドはまりして、二ノ宮知子の作品を全部読みたがりまして。
これも面白かったですね。

No title

> メタリングさん

旦那さんがはまっちゃったんですか

二ノ宮先生はお話作りが上手ですよね!
sidetitleプロフィールsidetitle

milkyway329929

Author:milkyway329929
ヤフーブログから引っ越してきました。
ビートルズと80年代の音楽が大好きです♪
音楽、まんが、映画、つば九郎、そして飼い猫のみーの
話題を発信したいと思っています。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR