「つばめ刑事」

なんと、つば九郎先生が刑事になった?!

ドラマ史上初、人気球団マスコット主演の刑事ドラマ。
2019年、ヤクルトスワローズ設立50周年&つば九郎デビュー25周年。
そんなアニバーサリーイヤーに、なんとまさかのつば九郎が俳優デビュー!!


アメブロでつば九郎オフィシャルブログをフォローしてますが、
つばめファンの磯野貴理子さんの始球式はつば九郎先生のオファーだったとは
ビックリ!さらにドラマにも出演しているそうですよ。


でも、ひかりTVでの配信なんて…ずるいよう~
地上波でも是非お願いします!


追記:6月1日
なんと。
発表からの大反響を受けて9月3日(火)にDVD化されることが決定しました(^O^)
スポンサーサイト



「くしゃみ」&「It's a Beautiful Day」  

浦沢直樹先生の19年ぶり短編集「くしゃみ」
「夢印」に続いて、これも面白かったですよ(^^)




くしゃみ【嚔】
ふいにでてしまうもの。
長編作品に対して短編作品のことを指す。
どんな美人も瞬間、不細工にみえること。

何故くしゃみというタイトルなのか…という注釈が付いています。



手塚治虫文化賞10周年記念ムックのために描いた『月に向かって投げろ!』
絵本雑誌に掲載されたフルカラー作品『ヘンリーとチャールズ』
全ページ誰の手も借りず背景から仕上げまで、一人で描き上げた最新短編
『いっつあびゅうてぃふるでい』
音楽ネタの連載企画『親父衆』『ムジカノストラ』等々8編

どの作品も短編独特のギュッとしたテンポの良さで、あっという間に
読めてしまいます。
ラストの『単身赴任』はフランスの雑誌に寄稿した作品なので裏表紙の方から
読むが面白いですが、物語は外人向けなのかなあ?


ご紹介するのは、『親父衆』『ムジカノストラ』
浦沢先生の音楽に関する体験談が面白おかしく描かれています。

ボブ・ディランの来日公演での出来事(笑)



元アップルレコードの社長のジャック・オリバーさんとのエピソード。







『いっつあびゅうてぃふるでい』
ミュージシャン遠藤賢司原案という若き日の井上陽水、高田渡、ガロの
青春の一コマ。実はエンケンさんってあんまり知らなかったんですが、
浦沢先生がこの漫画を描く約束をしていたのになかなか実現できないうちに
旅立ってしまわれたそうです。

ラストに「It's a Beautiful Day」のレコードジャケットが描かれているので
1曲どうぞ。

「プリーズ・ジーヴス」1~3巻

 美智子さまが10月の誕生日に
「読み出すとつい夢中になるため、これまで出来るだけ遠ざけていた探偵小説も、  もう安心して手許に置けます。ジーヴスも二、三冊待機しています。」という
 コメントがありましたが「ジーヴス」って何?って思いませんでしたか。

「ジーヴス」は、英国の作家P・G・ウッドハウスのシリーズものの
ユーモア小説なんですね。美智子さまは意図していなかったと思いますが
その後、本屋さんの棚にはジーヴスシリーズの翻訳本が並び始めました。


本当は小説を買おうかなあと思っていたのですが、
その原作を訳した森村たまきさんの解説と勝田文先生の絵でコミック化した
「プリーズ・ジーヴス」が出ていました。
本の帯からも分かりますが、美智子さまのコメントの後に重版されたようです。





舞台は20世紀前半のイギリス。
お人好しでちょっとお間抜けな青年貴族・バーティーと、超有能な執事・ジーヴス。
困ったことがあれば、すぐジーヴスに泣きつくのんきなバーティー。
いつもジーヴスが見事に解決してくれるのですが、バーティーの友達も
バーティー同様みんなちょっとお間抜けなところが貴族をおちょくってるようで
面白いですね。


翻訳小説って読んでいて意外と映像が浮かばなくて適当に飛ばして読んだり
しちゃいますが、勝田文先生はイギリス貴族の生活やファッションも
丁寧に描いています。
森村たまきさんのイギリスの文化についての解説が一話ごとに入っているのも
お得な感じです(^^)




SWITCH 5月号 福田組がつくる喜劇の奇跡

 

福田監督作品に欠かせない
  佐藤二朗、ムロツヨシをはじめとする
   豪華個性派俳優がSWITCH に集結。

 福田組が生み出す「喜劇の奇跡の軌跡」を
 福田雄一自身が誌上ディレクションする
完全保存版特集!


詳しくはこちら↓





                これは楽しい!
          福田組のファンにはたまらない一冊です。

        はじめて福田監督作品として意識して観たのは
          堂本剛くんの主演した「33分探偵」
            剛くんのとぼけた探偵振りと
          ツッコミの水川あさみさんのコンビ
            最高に面白かったですね(^^)


33分探偵の迷推理シーン(爆)


        その後もテレビドラマ「勇者ヨシヒコシリーズ」
          「アオイホノオ」「今日から俺は!!」と
              面白作品がたくさん!
      もちろん映画の「銀魂」も大好きですよ~(*^O^*)


       グダグダな「ヨシヒコ」のメイキング映像と
    『銀魂2 掟は破るためにこそある』の予告編をどうぞ。

まだまだ続きます…お暇な方はどうぞ(笑)



出演者がみーんな楽しそうですよね~(*^O^*)

何のアニメのOPテーマ曲でしょうか?

今日はスキマスイッチの大橋さんのお誕生日ですね。
お誕生日おめでとうございます!

と言うことで、唐突ですがスキマスイッチの「ゴールデンタイムラバー」が
オープニングテーマだったアニメは何でしょう?

このアニメは実写化もされましたね(爆)


アニメなんか見ないから知らないよ!という方も多いと思いますが
そんなこと言わないで、曲を聴いて楽しんで下さいませ(*^O^*)

また、当たったら何かくれるの?と思われる方もあるかと…
すいませんが何も出ませんので、あしからず(笑)


スキマスイッチの「ゴールデンタイムラバー」は、2009年版のオープニング曲です。



おお~いいですね~乗ってきたぞ~♪
同じアニメで使われている他のアーティストのOP曲ED曲もどうぞ!


YUIの2009年版オープニング曲「Again」。く~っ、カッコいい!
ブリーチのOP曲「Rolling Star」も大好き。

Yui -Again (LIVE )


こちらは2009年版のエンディング曲でしたね。
シドは「銀魂」でも大活躍(^^)

こちらも2009年版エンディング曲。
SCANDALはこの曲で知ったんですね。



2003年版ポルノグラフィティの「メリッサ」の次のオープニング曲。
ラルクは劇場版でもオープニング曲がありました。



答えは「鋼の錬金術師」でした。
知っている方はいらっしゃいましたか?

OP、EDテーマ曲も豪華なアーティストがアニメにピッタリな曲を
提供していて最高です。


2009年にアニメが終わって10年ということで
なんと、この4月に超豪華ブルーレイディスクBOXが出ました。
うう、欲しいけど高すぎる…(>_<)


■鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Blu-ray Disc Box 
〇発売日:2019年4月3日
〇収録内容
・全64話+OVA4話 本編DISC11枚
〇完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン菅野宏紀描き下ろし三方背ケース
・Original Soundtrack CD 3枚
・ブックレット  等           
〇価格:¥38,000+税 ←この値段(^^;)


「猫が西向きゃ」 1巻

5日は父親の誕生日だったので、実家まで行ってきました。
電車で約一時間の間に読んだのが、漆原友紀先生の「猫が西向きゃ 1巻」です。
ちょっと不思議な表紙にわくわく。




              


フロー(空間の浮動化現象)という奇妙な現象が起きるところで活躍?する
広田フロー㈱という会社のフロー処理業者ヒロタとアルバイトのちまちゃんの
物語です。

突然三叉路が七叉路になったり、季節外れに桜が咲いたり、集合住宅が突然
森になったり、鏡の中に左右反転した世界がたくさん出来たり…



このフローという現象は、何が原因かが分かれば、
どのくらいでおさまるのかは
フロー処理業者であるヒロタが見極められるのですが、
それにはヒロタが飼っている猫の「しゃちょう」の協力
(なのかな?)が必要なのです。
なんと、しゃちょうはフローを察知すると尻尾がピンと
立ち、さらに人起因のフローの場合にはフローに
関わった人も分かるのです=^_^=




アルバイトのちまちゃんは見た目はしかっりした12才の女の子、
実はフローが人に及ぼした現象によって急に若返ってしまった35才の元OL。
そんな状況の中で市役所の紹介で広田フロー㈱にアルバイトとして雇われるのです。
ちまちゃんが若返ったフローの原因は何なのかも気になるところです。

さらにヒロタとライバル関係にある、浮動神社の神主の静河さんの登場。
フローが元に戻る予測はされても、いざとなったら神頼み…という庶民の
気持ちも分かります(笑)

こんなに不思議なことが起こってもフローなら仕方ないと諦めているのか
イライラしないほのぼのとした住民の様子も良いですね。


「夢印ーMUJIRUSHI」 シャンソンをどうぞ

フランスにある「ルーヴル美術館」は漫画を第9番目の芸術として
日本の漫画家の中で、影響力がある漫画家に執筆依頼をして来ました。
その中で浦沢直樹先生がルーブル美術館と共同プロジェクトとして
執筆したのが今作「夢印ーMUJIRUSHI」です。





帯に「ある一つの家族。ある1枚の名画。ある一人の謎の男。」と
書いてありますが、それにプラスして一つの石(これが重要)が絡んできます。


謎の男は赤塚不二夫先生のおそ松くんの中の登場人物である「イヤミ」と
そっくりな男。うさんくさい、どこまでがホントかウソか全く分からない
人物です。
仏研(おフランス研究所)所長として、カラスに導かれてきた莫大な借金を
負った父娘にフランスのルーブル美術館から1枚の名画を盗むことと、
一つの石を置いてきて欲しいと託します。

フランスに父娘が到着してからは、ラストまでドキドキハラハラ。
アクシデントが続きながらも、みんな最終的に良いところに収まるという
本当に良く出来た物語です。
しかし、一体「イヤミ」は何者だったのか…



漫画の中に出てくるシャンソンの名曲をご紹介しましょう。



フランスかぶれの所長が国際電話の後に父娘に聞かせる
シルビーバルタンの「あなたのとりこ」

国際電話の相手を「シルビーからざんす」と言い
「シルビー?」という父親に「バルタンざんす」と言うと
「バルタン星人?」「宇宙人?」と言う父娘。
世代の差を感じさせるシーン(笑)


フランスで父娘がお世話になる、マダム・バルドーがカラスのマリアと歌う
「枯れ葉」
カラスだからマリアというギャグはフランス人には意味不明ですね(笑)
ボブ・ディランバージョンでどうぞ。


続けてもう1曲父娘が聞かされる「パリの空の下」
孫のミシェルがマダム・バルドーの事を「伝説のシャンソン歌手」と言う
ところで、国際電話の相手のシルビー・バルタンの正体が分かるシーン。


「思い描かない夢は絶対に叶わないざんす。
 願った夢だけが、かなうざんす。」
という所長の言葉。
とにかく、みんなの夢が叶って良かった~読後感の良い物語です。

ルーブル美術館もすごいプロジェクトを考えるものですね。

黒執事 XXVIII (28)巻

今日の紹介コミックはいつもRちゃんから借りている
枢やな先生の「黒執事」XXVIII (28)巻です。




前巻の驚きの展開の感想をRちゃんに伝えたら、28巻はもっともっと
大変なことになってるよ!と言われ…


26巻の驚愕から28巻については何を書いてもネタバレになってしまうので
本当にヤバいです。
27巻でシエルの秘密が暴かれた後、この巻ではアンダーテイカーの暗躍、
シエルの婚約者リジーの証言など、めまぐるしい勢いで今までの伏線の回収が
行われます。
誰が敵で、誰が味方なのか。
シエル・ファントムハイブ伯爵の名前を賭けての戦いへの決意で次巻へ。

とにかく最初からもう一度読み直したくなりますよ!

次巻の発売は冬
  待ちきれないよ~



おまけ カバー裏の表紙のパロディ画 いつもながら面白いですね~






10連休も残り少なくなってきました
遠くに出掛けることもなく、漫画三昧です(笑)

「かげきしょうじょ !!シーズン0」

斉木久美子先生の「かげきしょうじょ !!シーズン0」です。

2016年2月24日の記事で紹介した「かげきしょうじょ !」1~2巻が
「かげきしょうじょ !!シーズン0」として白泉社から発売されました。






       こちらは集英社版「かげきしょうじょ !」1~2巻(完)

        

「かげきしょうじょ !!」の前日譚にあたる物語ですが、
現在連載されているMelody(白泉社)とはちがう、ジャンプ改(集英社)で
連載されて単行本として発行されていたので、白泉社での再発行となります。
今回は描き下ろし10Pと特別収録16Pの元宝塚宙組トップスター凰稀かなめさんとの
対談も追加されていて、まだ読んでいない方にはお得な一冊です。



2016年2月24日の過去記事を転載します↓


本屋さんで、たまたま買った「かげきしょうじょ !!」(白泉社)の第1巻
わぁっ、これ面白い!!

えっ、このコミックの前の話は集英社から出ている「かげきしょうじょ !」
なんですか?
掲載誌の移籍があったんだ~! 
調べてみたらジャンプ改が休刊されたためメロディへ移籍されたんだそうです。


という訳で、まずは「かげきしょうじょ!」から。
『かげきしょうじょ』 とは 『歌劇少女』のこと。
主人公のさらさはいろんな意味で過激少女でもありますがっ☆


超名門、紅華歌劇団音楽学校(もちろん宝塚音楽学校がモデルですね)に
入学することとなった主人公のさらさ。
オスカル様になることを夢見ていて、とにかくとにかくポジティブ!
でも、小さい頃は歌舞伎役者になりたかったんだよね・・・

もう一人の主人公である元アイドルグループJPX48の愛。
アイドルとしては致命的な男性恐怖症だったため起こしてしまった
握手会でのアクシデントが原因で強制卒業させられた過去が。
心を閉ざし男の人のいない世界に逃げ込むように入学してきたのだが・・・

その水と油のような二人が同室になって、紅華の舞台を目指すために始まった
学園生活。
アクシデントの原因となったキモオタさんが良い味出してるのは青年誌に
掲載されていたからでしょうか

主人公以外にも、個性的な先生方や同期生、先輩方、そしてさらさの
歌舞伎役者の彼氏(!)が絡んできて、
青春してるね~と楽しく読めます。




ブログURL(内容は同じです)

コンビニの令和お菓子

コンビニでいろいろ「令和」の名前のついたお菓子を発売しているというので
ちょっと覗いてきました(笑)


まずは写真左のローソン。
テレビで大々的に放送されていた令和ポテトチップス!
味はふつーのうすしおですね。





次は写真右上、セブンイレブン。
令和めしというもも味のハードグミ。セブンの限定商品らしいですよ。
たい焼き風パンは、お腹のところに令和のシールが(笑)

最後は写真右下、ファミリーマート。
行った時間が悪かったのか店内の品が薄くて…令和の文字の入った商品は
見当たらず、お祝いムードの紅白蒸しケーキをゲット。


ささっと覗いてきただけなので、まだまだあると思いますよ。


昨日の深夜、王様の夜のブランチでやってましたがデパ地下でも
令和の記念商品がたくさん出ているようですね。
全部買ったら破産します(笑´∀`)

プロフィール

milkyway329929

Author:milkyway329929
ヤフーブログから引っ越してきました。
ビートルズと80年代の音楽が大好きです♪
音楽、まんが、映画、つば九郎、そして飼い猫のみーの
話題を発信したいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR