映画「Let it Be 」新作発表

1月12日に「Let it Be 」のフルムービーをUPしましたが(現在は削除されてます)
その時にポールの「リメイクあるかもよ」発言があったことを
コメント欄で触れた程度でしたが、いや~本当になりましたね

昨年のポールのコメント↓


先ほどNHKのニュース番組でも取り上げていましたが、
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのピーター・ジャクソン監督が
1969年1月2日から1月31日の間に撮影された膨大な未公開映像をもとに、
ビートルズの新たな映画が製作されることとなったそうです。

公開日はまだ未定の様ですが楽しみですね!



詳しくはこちら↓
シネマトゥデイ ザ・ビートルズ、未公開映像もとに新作映画

スポンサーサイト



「Savin' Me」 Nickelback

2月にニッケルバックの武道館ライブに行く友人から曲もMVも良いから
聴いてみて~と前から勧められていたのを思い出しまして。



ボンジョビファンの友達が勧めるだけあって、骨太なロック。
ボーカルのチャド・クルーガーの声、良いじゃありませんか!
そういえば彼はアヴリル・ラヴィーンと結婚してましたよね。
ウィキで確認してしまった。何でそういうゴシップばかり覚えてるんだ…(笑)


メッセージを持った曲とまるでドラマの様なMVがすごく上手い!
ストレートに受け手に響いて来ます。

気に入ったMVを3本貼っておきます。
出来れば曲の最初から最後まで見て頂きたい


「Savin' Me」
曲の内容とはリンクしていませんが、とてもインパクトのあるMVですね。
交差点で突然見知らぬ男に引き留められ、事故を免れた主人公。
その直後からある異変が…



「If today was your last day」
もし今日が最後の日だとしたら
もし明日じゃ遅すぎたら
昨日にさようならと言えるか?
どんな瞬間もこれが最後と思って生きられるか?

あなたなら?


「What are you waiting for」
人生なんて一度きり、お前は一体何を待っているんだ?

そう、行動をすることで幸せは巡ってくるんだね。


「Temptation Girl 」BOX


BS12「ザ・カセットテープ・ミュージック」1月13日放送
「やっぱり、ビートルズ特集」
(再放送は1月27日予定)

ビートルズそのものでは無く
ビートルズっぽい音楽性や思想を持つ「ビートリー」な
日本のミュージシャン特集。


相変わらずゆるい番組だけど、「ビートリー」いい語感ですね(笑)


ユニコーン、サザンオールスターズ…ときて

おお、出ました!

「BOX」


1987年、杉真理、松尾清憲、小室和之、田上正和の4人で結成

当時、杉真理さんは『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』の
「Nobody」や「Love Her」で知ってましたが
まさかここまでめちゃくちゃビートルズズサウンドで攻めてくるとは
と嬉しくなったグループです。







BOXについてはこちら↓


この2曲大好き! もうこれはビートルズですよね。


1988年発売のBOXのファースト「BOX POPS」
ビートルズ愛が満載ですね。
久しぶりにBOXを聴く事が出来て良かったなあ~
ありがとう、カセットテープミュージック



マイ・ジェネレーション  ロンドンをぶっとばせ!

Bunkamura ル・シネマ
「マイ・ジェネレーション  ロンドンをぶっとばせ!」


(隣ではkoko-hanaさんお勧めの「私は、マリア・カラス」が上映中でした)




      1960年代のロンドンに焦点を当てたドキュメンタリー映画で
       英国の名優マイケル・ケインがナビゲートしています。




60年代初めのイギリスではまだまだ、上流、中流、労働者とはっきりと
区別されていた階級制度があったのですが、それをみごとに壊していった
スインギング・ロンドンと言われた時代。
当時のミュージシャン、ファッション、アートの世界で活躍していた若者達の
膨大なインタビューと映像を6年かけてまとめ上げたドキュメンタリー映画。
ナビゲートするマイケル・ケインも今でこそサーの称号のある名優ですが
出身は労働者階級で、コックニー訛りで苦労したそうです。


映画の中でポール・マッカートニーが
「世間は才能ある労働者階級の存在に気づいた。豊かな才能だ。
革命だったね。」と発言していますが、まさにその通りだったのでしょう。

その他に、ジョン・レノン、ロジャー・ダルトリー、ミック・ジャガー、
マリアンヌ・フェイスフル、マリー・クワント、ドノヴァン、ツィギー、
ヴィダル・サスーン等…私のお目当てはもちろんビートルズでした(笑)




使用されている音楽も当時の雰囲気を伝えていますね。

キンクス「デット・エンド・ストリート」「ユー・リアリー・ガット・ミー」
ザ・フー「マイ・ジェネレーション」
ビートルズ「サム・アザー・ガイ」「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
「トゥモロー・ネバー・ノウズ」
ストーンズ「アイ・ワナ・ビー・ユア・マン」「サティスファクション」等々

でもまあ、きっと皆さんの想像通りの曲かなあ。


ドキュメンタリー映画ですが、マイケル・ケイン自身の若い頃(超イケメン)の
映画「アルフィー」からの映像を上手く差し込みながら話題をつないでいます。
マイケル・ケインはおじいさんになっても品があっていい役者さんですね~
ちょっと内容が散漫な印象もありますが、音楽好きには見て損はない映画だと
思いますよ






「Let it Be 」Full Movie

「Let it Be」 のFull MovieがUPされています

ああ、こんな始まり方だったなあ~なんて。
ジョンとポールの「Two of Us」仲良しの二人が見られて嬉しい


最後の見せ場のルーフトップ・コンサート
「ボヘミアン・ラプソディー」のライブエイドのシーンと同じで
もっともっと聴きたくなる演出ですね。


見ていない方は、いつブロックされるか分からないので是非今のうちに
どうぞ!



「Bohemian Rhapsody」Pentatonix


年が明けてからパソコンをじっくり開く時間が無くて
夢だけで無く現実にもウトウトしている間に早くも1月5日となりました
その間もご訪問頂いた皆さん…本当にありがとうございます。

このまま冬眠してしまいそうなので、
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


平成最後の…というフレーズがあちらこちらから聞こえますが
平成30年最後の大ヒット映画といえば『ボヘミアン・ラプソディ
現在もロングラン上映中ですね。

私はもう一度友達と観に行く予定ですが、海外では1月22日にデジタル版、
2月22日にブルーレイ版、DVD版が発売されるようです。
詳しくはこちら↓

ロングランが続いているうちは日本版は出ないのかな?




さて、
アカペラとヒューマンビートボックスで大胆なアレンジをすることで
人気のペンタトニックス。

彼らのカバーした「Bohemian Rhapsody」
コーラスの部分の気持ちよさはもちろん、こんな複雑な曲を楽しそうに
歌いまくるPVも面白いですよ。
ええっエレキギターの音まで声で再現するなんて! もう最高です



…と言うことで、今年もいろいろと好きなモノを紹介していきますので
よろしくお願い致します


プロフィール

milkyway329929

Author:milkyway329929
ヤフーブログから引っ越してきました。
ビートルズと80年代の音楽が大好きです♪
音楽、まんが、映画、つば九郎、そして飼い猫のみーの
話題を発信したいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR